ブロガー「水瀬まりも」とは?
恋愛

結婚したら夫婦の財布は一緒?分けるべき?

長く付き合っている人とそろそろ結婚しようかな、と考えている人は、

結婚したら夫婦の財布を一緒にするべきか、分けるべきか、という問題で悩む人も多いと思います。

 

ステレオタイプ的な考え方だと、財布を一緒にして、妻が家計を管理する、というのが一般的ですよね。

 

しかし今は女性も男性と同じくらい稼ぐことが可能な世の中ですし、本当にそのやり方で夫婦の関係はうまくいくのか、不安な人もいるでしょう。

 

夫が稼いだ分もすべて妻が管理し、夫は毎月小遣い制、というのはあまりにも全時代的な考え方だと思います。

 

そして必ずそこで綻びが生まれるでしょう。

 

現代の夫婦関係において、財布は同じにしても、小遣い制、というのは夫婦関係が壊れる原因になります。

 

夫婦の財布は一緒の人が多い

 

実は現状では、夫婦は財布が一緒、という人が全体の47パーセント以上だ、という結果があります。

多くの人は家計の管理は女性が行っているようです。

 

しかし夫婦の財布が一緒になることによって、それぞれが欲しいと思ったものをその瞬間に買うことができなかったり、

なんでも相談して購入を決めなくてはいけない、ということにストレスを感じる人も多いようです。

 

まずはお互いの金銭感覚が同じである、という前提条件が必要なのかもしれません。

 

夫婦になれば、一緒に生きて行くためにお金の使い方も一緒に考えていかなくてはいけなくなります。

 

そこで金銭感覚が違う、というのはかなりのストレスになるでしょう。

 

できればこれは恋愛をしている時点できちんと見極めておくべきポイントだと思います。

関連記事:彼氏と金銭感覚が違う

 

小遣い制ってどうなの?

 

毎月夫は小遣い制、という家庭が日本ではまだまだ多い様ですが、これは異様ですよね。

 

男性からしたら、家族のために働いてお金を稼いできているのに、どうしてそのお金を少しも自由に使えないのか、と不満に思う人もいるでしょう。

 

結婚するのは家庭を持つ、ということではありますが、結婚する前は自分で働いた分のお金は自分で自由に使うことができたのに

結婚した途端それを他人に管理されるようになってしまう、というのはとてもストレスに感じる事だと思います。

 

最初は新婚気分もあって楽しいかもしれませんが、不満に思っていることは後々大きく膨れ上がっていくでしょう。

とはいえ、子供がいれば女性は女性でやらなくてはいけないことがあります。

 

お互いにそれぞれの役割の大変さを理解するためにも、まずは妻も自分で使いたいお金は自分で稼ぐ努力を、

そして夫は子育ても積極的に参加するようにしてみましょう。

 

お互いがお互いの役割に干渉しなさすぎると、それは必ず不満に変わります。

関連記事:夫婦が離婚してしまうのは何が原因?

 

女性は数字が苦手

 

女性は根本的に数字が苦手な人が多いです。

なのに女性が家計を管理する、というような風潮があるのがまず不思議だなぁと思うんですね。

 

今の時代、お金を貯めて貯金するなんて古いですよ。

 

溜まったお金を投資できるくらいの管理能力がないなら妻が家計を管理するのは問題だと思います。

 

しかも大抵の場合が、女性の方が感情的なので普段ものすごく節約しているのに突然大きな買い物をしてしまったりするものなんですね。

 

お金の計算というのは小さなお金を計算するよりも、大きなお金を稼げるような計算ができる人の方が向いているのです。

関連記事:ロボアドバイザーによる投資がこれからは増えてくる。

 

どちらかが管理するのは危険

 

財布を一緒にして、どちらかが家計を管理する、というのはとても危険な事だと思います。

最近はクラウド上で情報共有するのも簡単になりましたから、財布を別にしても一緒にしても、支出を夫婦で共有して把握しておくことも難しくなくなってきました。

 

たとえばマネーフォワードなんかはクレジットカードもキャッシュカードも連携して自動入力をしてくれる仕組みですから、

夫婦それぞれのカードを連携させておけば、支出を夫婦で共有することができます。

 

こういったものを活用して、夫婦の支出をそれぞれが確認する、というスタンスでいれば、お互いにストレスがたまることもあまりないと思うんですね。

 

相手に見られているという緊張感もありますから、お金を使うときも考えて使う様になると思います。

関連記事:理想的な夫婦になろうとするから離婚するのです。

 

財布が別だと貯金も難しい

 

財布を一緒にして管理をどちらかがするのは危険だ、という話をしてきましたが、

かといって財布を全く別にする、というのもまた違うのではないかな、と思います。

 

確かに今の風潮では、女性も自分で自由になるお金は稼げるようになってきていると思いますので、財布を全く別にする、ということも難しいことではないでしょう。

 

しかしこれをやってしまうと、家族になる、という必要性が失われてしまうのではないかとも思います。

夫婦それぞれが毎月固定給料をもらえるような仕事についていたとしても、会社はいつ倒産するか、いつリストラされるかわからないものです。

 

実際会社が突然倒産して仕事を失ってしまい、どうしたらいいのかわからないけれど家族がいるから働かなくてはいけない、といって悩んでいる人をたくさん見てきました。

 

会社で働くということも安全なことではないので、そういった時に財布が別々だと今度は相手に借金をするような形になってしまいますよね。

 

そんな夫婦間の距離というのはとても難かしいものがあると思います。

子供ができれば子供にかけるお金はどちらがどのように出すのか、ということも揉め事の原因になるでしょう。

関連記事:幸せな結婚をするために大切な事とは?

 

お互いに可視化するのがベスト?

 

財布は一緒にするにしても、お互いがお互いの支出を認識できている、という状態が一番ベストなのではないかなと思います。

 

もちろん金銭感覚がそれなりに似ていて、相手のことを信頼できる場合によりますが。

 

どんなに付き合っている時に仲が良い男女でも、結婚してお金の問題が出てくると夫婦関係がこじれる可能性はあるものです。

 

お互いがお互いにストレスを与え続けることのないような打開策をきちんと話し合って決めていくことが、結婚生活においては大切でしょう。

関連記事:給料の使い道を真剣に考える事が大切だと思う。

 

 

では今日はこのあたりで。