ブロガー「水瀬まりも」とは?
人生

決断できない人が直すべき癖

世の中には決断をすることが苦手な人というのが結構多いと思います。

しかし自分の考えで決断していくことができないと、自分の人生なのにどうもストレスを感じやすくなってしまう気がするんですね。

 

自分で決断したはずなのに、他人のアドバイスの鵜呑みだったりすると

結果が思わしくなかった時に人のせいにしてしまいがちです。

 

決断できないというのも自分にとってストレスに感じる時があるでしょう。

 

しかし人生では自分で決断しなくてはいけない瞬間のようなものが必ずやってきますよね。

 

  • 転職する
  • 仕事を辞める
  • 結婚をする

そういった人生で決断を迫られる時があると思います。

 

大きな決断をしなくてはいけない時、どんなことを考えて決断をすればいいのでしょうか?

決断できない人はどんな癖を直したら決断しやすくなるのでしょうか?

 

人に聞く前に自分の意見を固める

 

自分で決断ができない人はよく他人にアドバイスを求めがちですが

まず人にアドバイスを求める前に自分の中である程度意見を固めておくことが大切だと思います。

 

決断できない人は決断できない自分になれてしまっていって

決断するための判断材料となるものすら自分で収集しない癖のようなものがついてしまっている人が多いんですね。

 

例えば、仕事を辞めるにしても、

仕事を辞めるのにどんな手続きがいるのか、他にどんな仕事なら自分に向いているのか、

などといったことって自分である程度ネットを使えば調べられることだと思うんです。

 

でも自分で決断できない人はすぐに人に相談してしまう。

何も決まっていない状態で相談しても思うような答えは返ってきません。

 

まずは自分がどうしたいのか、どういう情報があるのか、といことをリサーチする癖をつけましょう。

 

ググればある程度わかることを人に聞くのはやめてください。

関連記事:ググる力がない人はこれから食えなくなる。

 

他人の意見に左右されすぎない

 

世の中にはいろんな人がいますから、自分の意見に対して肯定的な人もいれば否定的な人もいるのが当たり前です。

 

他人から強く言われることにあまり揺らがないようにしましょう。

 

まずは人から嫌われたくない、という感情を捨てることが大切です。

人から嫌われたくないと思っているとどんどん身動きがとれなくなっていきます。

 

多くの人に好かれるというのは難しいことで、

自分のことを好きと言ってくれる人がいたら、それと同じだけ自分に対して否定的な意見を持っている人がいて当たり前なのです。

 

だからこそ、あまり周りの意見に左右されすぎないようにしてください。

 

いろんな意見を情報として捉え、感情的にならないことが大切です。

関連記事:嫌われる事が怖いなんて馬鹿げている。

 

物事をメリットデメリットで考える

 

物事を損得で考えることは決断をする上でとても大切なことです。

 

これをすることによってどんなメリットがあり、どんなデメリットが生じるのか、ということを常に考えて決断するようにしてみてください。

 

決断できない人の多くは、これができません。

物事をなんとなくで捉えている人がおおく、メリットデメリットを天秤にかけることができないんですね。

 

メリットとデメリットを天秤にかけた時にどちらが勝つのか、ということを基準にして決断をするようになると

途端に正解が見えやすくなってくるでしょう。

関連記事:なぜ会社を辞める決断が出来ないのか?

 

決断しても人生は終わらない

 

決断をする、ということはその結果に対して自分が責任をとる、ということでもあると思います。

 

しかし、重要なのは「決断をしたからといって死ぬわけじゃない」ということです。

 

人生生きていれば立ち直れないと思うほど苦しいことや悲しいことがあるかもしれません。

しかし、生きてさえいればなんとでもなるものです。

 

どん底からだって這い上がることができます。

 

どんなに大きな決断をしたって死ぬことはありません。

会社をやめて給料がなくなったって日本なら生活保護で十分生きていけます。

 

現に生活保護で生きている人って結構いるものなんですよ。

ぜひ調べてみてください。

 

どんなに重たい決断をしたって犯罪に関わるようなことでなければ人生が終わることはありませんから、

そこまで緊張しすぎずに決断をしてみるといいと思います。

 

自分の人生を取り戻そう

 

自分で決断ができない人というのは自分の人生そのものが他人任せになってしまっているということです。

 

自分の人生がうまくいかない、なんだか思ったように運んでいかないと思っていませんか?

それはきっと自分が決断することを放棄してしまっているからです。

 

自分で自分の人生を決断することができるようになれば、結果的にうまくいかないことも絶対に自分の力にすることができます。

 

しかしそれを他人の意見任せで決断していると、

絶対に「あいつが言った通りにしたのにこんなことになってしまった」と結果の責任を誰かに押し付けるようになってしまうのです。

 

そしてさらにそこから打開策を講じるのにまた他人のアイデアを頼っていてはずっと人生に満足できないでしょう。

 

自分の意志で決断し、自分の人生を取り戻してください。

関連記事:人生に疲れたのは悪い事ではない。

 

 

では今日はこのあたりで。