ブロガー「水瀬まりも」とは?
お金の話

フィスコが仮想通貨への投資ファンド始める?

皆さんの中には何かしたらの仮想通貨を保有している人が多いのではないか?と思っているのですが、きっとそれぞれ持っている通貨は違いますよね?

 

ビットコインを持っている人もいれば、イーサリアムを持っているという人もいるでしょう。

 

そして、中には投資した資金が数倍になったという人だっていると思うんですよね。そんな時に出てきたのが、

 

フィスコの仮想通貨投資ファンドですよね?

 

今回はそんな事について書いていこうと思います。

 

 

市場規模の成長に対応

 

今までは、個人投資家の投資対象としての側面が強かった仮想通貨ですが、これからの時代はこういったフィスコのような仮想通貨投資ファンドや、

 

複合型の投資ファンドが出て来る時代になると思うんですよね。現在、ビットコイン等を含めた仮想通貨の時価総額は10兆円を超えていますよね?

 

そして、この規模はこれからも上がっていくと思うのです。日本では、まだまだ仮想通貨が浸透していないと思いますが、

 

これから先の時代ではより仮想通貨というものが当たり前になってくると思うんですよね。こういった流れの中で、

 

フィスコがFISCO Crypto Currency Fundという仮想通貨の投資ファンドを組成したのです。確かに、こういった仮想通貨ってそもそも安定した資産ではないので、

 

リスクが高いのですが、その一方でこれから先の時代では一般的なものになり、市場規模が大きくなってくるものなので、

 

長期的に考えると、利益を出す可能性は高いと思うんですよね。だからこそ、フィスコが仮想通貨への投資を始めたのです。

関連記事:仮想通貨詐欺にあう人って実は多いと思う。

 

 

XEMを中心に上昇する可能性はある

 

 

これはあると思うんですよね。フィスコが仮想通貨投資ファンドを組成するに当たって、まず最初に出て来た仮想通貨として、

 

XEMが挙げられたと思うんですよね。現在で一番流通量が多いのはビットコインだと思いますが、今後上昇幅が高い仮想通貨を考えると、

 

XEM等のアルトコインだと判断したのでしょう。そして、今後はこういった仮想通貨に投資するフィスコのようなファンドも増えて来ると思うんですよね。

 

現時点ではXEMが上がる可能性もありますし、今後はより出来高のボリュームが大きくなり、より安定した取引が出来るようになると思うんですよね。

 

株式にしてもそうですよね。個人投資家だけではなく、ファンドや投資信託、機関投資家というものが入って来るからこそ、

 

ある程度の流動生が保たれているという側面があると思うのです。

 

ただ、XEMを始め、その他の仮想通貨もこれから先にどうなるのか?という事は誰にも予想する事が出来ないものなんですよね。

 

だからこそ、普通以上の注意は必要だと思いますし、取引所とかも分散した方が良いと思うんですよね。

 

今、現在は、coincheck等が多くの仮想通貨を扱っていますが、それ以外にもビットフライヤーだってありますし、zaif等を使っている人も多いのではないでしょうか?

 

マウントゴックスの破綻から学び、そして投資していく必要があるんですよね。これは、フィスコでも個人投資でも同じ事だと思うのです。

関連記事:リップルが仮想通貨として注目されている。

 

 

これからの時代は仮想通貨の金融商品が出ると思う

 

 

これは思う事なんですよね。今は仮想通貨の投資という側面であれば、先述したようなcoincheckとかビットフライヤーで個別株を買う事が出来るのですが、

 

フィスコが仮想通貨に手を出し始めた事を良い例として、その他ファンド等が投資をする事になってくると、

 

その後は新しい金融商品の形も出て来るのではないか?と思っているんですよね。例えば、主要な仮想通貨だけに連動した指数連動型の投信や、

 

新興型の仮想通貨に特化した商品等がきっとこれから先は出て来ると思うんですよね。それによって、今後はリスクヘッジを個人で考える事なく出来るようになる可能性がありますし、

 

これから先は変化の連続だと思うのです。

 

確かに、仮想通貨というものは私も所有しているので、そのリスクが大きい事は確かだと思いますが、少額でも保有している事によって、

 

今後の世の中がどのような形になっていくのか?今後はお金というものはどんな見方をされていくのか?そんな事がわかるようになっていくと思うんですよね。

 

投機的に仮想通貨に投資する事は私はおすすめしていませんが、勉強として持っておくのも1つのポジションの取り方ではないかと思っているのです。

 

という事で、今回はフィスコが仮想通貨へ投資するファンドについて書いてみました。

関連記事:valuとはどんな未来を示唆しているのか?

関連記事だよ