wordpressで問い合わせフォームを作る時に大切な事。

wordpressを使ってブログとかを運営している人って多いと思うんですよね。最近はオウンドメディアの必要性がIT業界では叫ばれている中、

 

wordpressを使ったサイトを持っている企業も増えてきていると思うのです。そして、その時に大切なのが問い合わせフォームだと思うんですよね。

 

今回はwordpressで問い合わせフォームを作る時に大切な事について書いていこうと思います。

 

 

項目を増やし過ぎない

 

これはwordpressで問い合わせフォームを作る時には大切な事だと思いますし、実際私が運営に携わっている他のサイトでも、

 

回答項目が少ない方がコンバージョン率が高いわけなんですよね。例えば、wordpressで問い合わせフォームを作る時には、

 

  • 名前
  • メールアドレス
  • 電話番号

 

という3つが基本事項だと思うのですが、これに加えて会社名等を入れてしまうと、それだけでコンバージョン率は下がってしまうわけです。

 

ユーザーとしては「一早く入力を終えたい」という感情があるものですよね。これってどのユーザーでもある事なのなのですが、

 

wordpressで問い合わせフォームを作る側としては「問い合わせをしてくれた人の詳細な情報が知りたい」と思うものなのです。

 

確かに、これは大切な事ではあると思うのですが、ユーザーからすると面倒な事でもあるんですよね。会社情報を入力したくないという場合もあると思いますし、

 

その時に「偶然」時間がないという事だってあるのです。そうなってくると、大切なのが項目を減らす事なのです。

 

項目を増やしたいという気持ちはわかりますし、そういった企業が多いのも事実だと思いますが、それでコンバージョン率が下がってしまっては、

 

せっかくのアクセス数も意味をなさなくなってしまうわけです。

関連記事:MAMPでMySQLだけが起動しない時の対処法。

 

 

匿名でも可能にする

 

 

これは前項でも触れましたが、大切な事だと思うんですよね。wordpressで問い合わせフォームを作る以上は、

 

「きちんとした名前で問い合わせして欲しい」という気持ちがあるかもしれませんが、今はfacebook等で名前を検索すれば、

すぐに特定出来る時代です。

 

だからこそ、どこの企業も自分の名前を提供する事には抵抗感を持っている場合が多いんですよね。しかし、

 

実際には本名を入れてもらう必要性って問い合わせの段階ではなかったりもするんですよね。情報だけを知りたいという段階のユーザーであれば、

 

ニックネームで問い合わせが出来るような状態の方が安心して問い合わせをする事が出来ると思いますし、

その方がコンバージョン率も高くなってくると思うのです。

 

wordpressで問い合わせフォームを作る時には最終的に「どんな状況になりたいのか?」という自分の希望を持っておく事が大切だと思います。

 

問い合わせが増え、受注が増える事が目的ですよね?だとすれば、最初の段階で名前を聞く必要性はないはずです。

 

大胆に変えていく事でユーザーの印象が変わってくる事もあるので、実践してみても良いと思います。

関連記事:プログラミングは独学かスクールか?

 

 

どの場所がコンバージョンしやすいのか?

 

 

これも考えた方が良い事だと思うんですよね。これは各々のサイトによっても違う事だと思うのですが、wordpressで問い合わせフォームを作る時には、

私であれば、記事下とナビ横(スマホ表示の場合)につけますね。

 

特に記事下に関しては、記事を読んだ人が見る場所なので、コンバージョン率は高く、最終的な成約に繋がる事も多いのでやってみると良いと思うんですよね。

 

ただ、ここで気をつけるのは、「長すぎる問い合わせフォームにしない」という事ですね。

 

長過ぎる問い合わせフォームにしてしまうと、せっかく良いサイトを作っていても、関連記事までが遠い事が原因で、

 

ページセッションが落ちてしまう事があるんですよね。これでは、サイト全体の価値が落ちてしまうので、避けた方が良いと思うのです。

 

また、これは細かい事になりますが、色に関しても実は気をつける必要があります。目立たせたい!と重い、赤等の目立つ色を使う方も多いのですが、

 

私的にはGoogleのリンクでも採用している色である「#0044CC」という色が良いのではないか?と思っています。

 

ABテストを行ってきた結果としてGoogleが採用した色なので、それなりに効果はあると思いますよ。下手に自分でABテストをするよりも、

 

wordpressで問い合わせフォームを作る時には、真似た方が早いのです。

 

という事で、今回はwordpressで問い合わせフォームを作る時に大切な事について書いてきたのですが、いかがでしたか?

 

より高度な内容を知りたいという事であれば、teratail 等のワードプレス・プログラミング関連の質問サイトもあるので、

 

こういったところも利用してみてください。

関連記事:現役エンジニアがteratail(プログラミングの質問サイト)を絶対におすすめする理由

wordpressで問い合わせフォームを作る