ブロガー「水瀬まりも」とは?
仕事

転職したい理由を考える時に大切な事とは?

転職をしたいと思っている人って実はたくさんいると思うんですよね。ただ、実際転職をする時には転職したい理由について話す必要があるんですよね。

 

転職したい理由って考えるのが難しいものではあると思うんですよね。

 

しかし、実は要点を抑えれば、転職したい理由を考える事は難しい事ではないのです。

 

 

前の会社への不満を言い過ぎない

 

 

転職したい理由としては、実際のところは「不満があったから」という事が大きいと思うんですよね。ほとんどの人は、

 

給料の問題であったりとか、職場の人間関係等で転職したいと考えるのが当たり前だと思うのですが、それでも転職したい理由を考える時には、

 

あまり不満を前面に出すのは良くないと思うのです。転職したいという時には、プラスの理由で転職をしてもらった方が良いわけです。

 

だからこそ、例えば「やる気のない上司がいて、それが辛かった」という事が転職をしたい理由だったとしても、

 

「これから会社を大きくしていこうという社員に囲まれた環境で働きたかったのですが、そういった環境ではなく、より成長出来るような環境を選択したいという理由で転職したいと思いました。」

 

 

とした方が良いわけなんですよね。転職したい理由を述べる時には、どうしても前職における悪い点を主張してしまいがちです。

 

ただ、これは採用をする側にしてみると、「うちの会社に入っても、またやめてしまうだろうな」と思われてしまう可能性があるんですよね。

 

転職をしたい理由を考える時には出来るだけ前の会社の事を悪く言わないように心掛ける必要性があるんですよね。

 

それによって、面接官の対応も違ってきますし、実際そういった状況を私は目にしたきたので、強く思うわけなんですよね。

関連記事:自分の長所を診断する事は転職において大切なのか?

 

 

具体的な話を混ぜていく

 

 

これも転職したい理由を考える時には大切な事だと思うんですよね。転職したい理由を考える時には抽象的な内容ももちろん大切なのですが、

 

実際には、「なぜ転職したいと思ったのか?」という事を具体的に説明した方が面接官の印象にも残りますし、

 

相手も理解してくれる事が多いんですよね。これって自分では気がつかない事だと思うのですが、面接をされる側になってしまうと、

 

「いかに自分の転職したい理由が抽象的なものになっているのか?」という事がわからない事も多いんですよね。

 

もちろん、転職したい理由として抽象的な内容は大切なものです。しかし、それだけになってしまうと、「あれ?この人は綺麗に取り繕おうとしているのかな?」と思われてしまう事もあるんですよね。

 

転職をしたい理由を考えるプラセスにおいては、具体的な内容がきっとあるはずです。前職でのプロジェクトにおける実際の話をしてみても良いと思いますし、

 

細かく簡潔に話すのであれば、転職したい理由は具体性を持っていた方が良いと思うんですよね。自分が面接官だったら、

 

どう思うのか?という事を考えてみてください。面接のシミュレーションをして、実際に自分がどんな風に話しているのか?

 

という事を録画してみるのもありだと思いますし、その方が客観的に見る事が出来て良いと思うんですよね。

 

綺麗過ぎて、具体性のない話に人は不信感を覚えるものです。そのため、どうやったら転職したい理由を具体的に話す事が出来るようになるのか?

 

という事をきちんと考えてみてください。そうすると、見えてくるものがあると思いますよ。

関連記事:自分に合う職業を診断するべき理由。

 

 

人間関係については言わない方が良い

 

 

これは思う事なんですよね。正直に言うと、採用において能力とかってそこまで重視していないわけなんですよね。

 

能力はもちろん大切なものの1つですが、日本の企業が最も大切にしているのは、「職場でうまくやっていけるのか?」という事なんですよね。

 

これこそが大切なものなのです。能力が大切だと思っている人もたくさんいるとは思うのですが、それって実は転職の際にはそこまで重要なものではないんですよね。

 

だからこそ、転職をした理由を考える時には、人間関係の問題をあまり話すべきではないのです。職場で上司とソリが合わなかった、社長の方針が気に食わなかった

 

という理由だって往々にしてあると思います。ただ、それを転職したい理由として取り上げてしまうと、それだけで、

 

「この人が会社に入ったら面倒な人になってしまうかもしれない」と思われてしまうんですよね。だったら、

 

最初から人間関係の話はしない方が得策なのです。

正論なのかもしれないし、正しい意見だとは思います。ただ、あえて言う必要はないのです。

 

良好な人間関係を構築する事ができるような人間です」と主張した方が転職者としては得なんですよ。

関連記事:転職するには何をすれば良いのか?を徹底解説!

 

 

転職したい理由を考えるのって難しいよね

 

 

 

転職したい理由を考える時には、大切な事ってあるんですよね。ただ、上記以外にも各々の状況に合わせて理由を考える必要があるので、

 

そこで大変だと思っている方もいるとは思うのですが、最近はリクルートエージェントとかを使えば、面接対策はもちろんの事、

 

転職したい理由についての相談をする事も出来るので、こういったところで相談してみるのが、確実な転職をするためには良いと思うんですよね。

 

非公開求人が求人数の75%を超えているので、そういった点から考えても、転職の時にはエージェントを使ってみたら良いと思うのです。

転職をしたい理由を考える時には、1人で考える事が多いと思うけど、それだと客観的な視点が入らないんですよね。

 

自分が話した「理由」が相手からどう見られるのか?なんて事はわからないし、1人で転職活動をしていたら、わからない事なのです。

関連記事:私がリクルートエージェントをおすすめする理由。

関連記事だよ