ブロガー「水瀬まりも」とは?
人生

自分を表現する事は大切な事。

最近「自分を表現する人」がとても少なくなったなと思うんですよね。自分を表現するというと、大げさに聞こえてしまうかもしれませんが、

 

これは別に凄い事を言っているわけではなく、単純に日常のストレスを発散したりとか、そういった事も含んでいるのですが、

 

実に少ないと思うんですよね。自分を表現するという事はとても大切なのです。

 

 

表現しない事は本当に良いのか?

 

 

これは思う事なんですよね。自分を表現する機会を私たちは与えられてこなかったと思うんですよね。学校教育においても、

 

決められたテキストを音読したりとか、決められた課題をやるというだけで、自分たちの「個」というものを出す事をしてこなかったのが実際のところだと思います。

 

人間は教育の上に成り立っているものです。そのため、学校教育で自分を表現する事を教わっていないと、その後の人生においても自分を表現する事が出来なくなってしまうわけなんですよね。

 

もちろん、自分を表現するという事は、怒りや憎悪といった感情を表に出すという事でもあります。そのため、

 

他人とのコミュニケーションにおいては摩擦が生まれやすいという事は事実なんですよね。皆さんの周りにも、

 

きっと自分を表現するという事を全くしない人がたくさんいると思うのですが、そういった人は精神的に鬱屈した気持ちになってしまう事も多く、

 

ストレスを溜め込みやすい傾向があるように思っているのです。

 

自分を表現するという事はストレス発散のためにも大切な事だと思いますし、自分を表現する事によって、得られるものって実に多いのです。

関連記事:人生に疲れたのは悪い事ではない。

 

 

誰もが表現者である

 

 

自分を表現するという事をしない人が最近は本当に増えたと思っているのですが、実は誰もが表現者であると思っているんですよね。

 

普段何も考えていないように思える人でも、好きな音楽がありますよね。それは自分の心の中に表現の欠片があるという事でもあると思うのです。

 

2人っきりで話すと、「そんな事を考えていたんだ」と思う人っていませんか?つまり、現時点で自分を表現していない人でも、

 

実は自分の心の中には、表現の要素はしっかりと内包されているのです。気がついていないかもしれませんし、

 

私たちは自分の感性や自分の感情に鈍感になった方が傷つかない事も多いので、自分を表現する事を自ら拒否している人もいるので、

 

中々外側から考えた時にはわからないものなのですが、本当は誰もが表現者であり、誰もに感情があるのです。

 

自分を表現するという事を怠ると、だんだんと自分という人間そのものがわからなくなってきてしまうんですよね。

 

汚く、汚れた感情も皆さんの感情の1つです。自分の表現する事によって、本質的に自分を表象的にではなく、

 

具現的に表現していく必要性があるのです。それによって、精神的な安定が得られると思っているのです。

関連記事:人生で挫折したことがない、のが危険な理由

 

 

表現する事は人間にしか出来ない

 

 

自分を表現する事が最も容易なのって実は人間だと思うんですよね。この世界にはたくさんの生物がいますよね。

 

動物や植物、昆虫等、多くの命があり、それぞれに感情があります。皆さんには見えない小さな世界でも、小さく、大きな感情を声を挙げているのです。

 

しかし、人間以外の動物は自分を表現するという事を得意とはしていません。人間だけが出来る事こそ、自分を表現するという行為なんですよね。

 

人間に生まれてきて、この世界で生きているだけでも、凄い事だと思うんですよね。きっと前世では、他の生物だったかもしれないから。

 

確かに、人間という知能の高い動物として生まれた事によって、辛い体験をする事も多いわけですが、だからこそ、

 

人間にしか出来ない自分を表現するという行動を楽しんだ方が良いと思うんですよね。この世界で、この一瞬で表現出来る事は、

 

自分の身体を使って表現した方が良いのです。

 

人間という不思議な生命体には、たくさんの感情があります。皆さんも生きているだけで、日々たくさんの感情と出会い、

 

そして、憔悴したり、幸せな気持ちになりますよね。感情生物である人間に生まれたからこそ、自分を表現する人生にして欲しいのです。

 

それによって、辛い事もあるかもしれませんし、日常の生活で精一杯になってしまう事もあるかもしれませんが、

 

非常に大切な事なのです。命の音を日常で聞けるように、声を潜め、そして自分を表現する事こそ、きっと生きていく上では、

大切な事なのだと思うのです。

関連記事:人間関係の悩みはどうして生まれるのか

関連記事だよ