共働きなのに家事をしなくちゃいけなくて疲れた。その解決策とは?

女性は家庭で仕事をし、男性は外に出て働く。そんな家族モデルももはやステレオタイプ。

 

今や多くの女性が自立して、自分の仕事を持っており、

共働きでやっていく夫婦も多くなりました。

 

しかしそこで問題になってくるのが家事の分担です。

 

一人で住んでいた時よりは夫婦で住めば家事は倍の量になりますし

子供がいれば子供の面倒もみなくてはいけません。

 

しかしなぜか家事は女性の仕事、というような概念があるように思えます。

共働きをしていたらお互いに家事をする時間なんてあまりありませんよね。

 

大変な仕事をしていればそれなりに疲れて家に帰ってきますし、その上で家事をしなくてはいけない生活が待っていると

正直もう疲れてどうにでもなれと思ってしまうこともあると思います。

 

今回はそんな共働きで家事に疲れたという方たちのために、その解決策について考えてみたいと思います。

 

家事は女性の仕事?

 

  • 料理
  • 洗濯
  • 掃除

そういった家事は全て女性の仕事、というイメージが未だに抜けないのは

今の世代の親世代がまだ専業主婦が多かったからなのでしょう。

 

若い男性も母親は家で家事をしている、というイメージがあるからこそ、自分の結婚相手にも家事をすることを求めてしまうのだと思います。

 

しかし現代では共働きの家庭がほとんどと言えるほど女性も仕事をもって社会で働いています。

 

そして女性も男性と同じ人間ですから、家事が得意な人もいれば苦手な人もいるんですね。

 

そもそも家事はほとんどの場合「楽しくてやるもの」ではないでしょうから

得意だったとしても率先してやりたくないという人がほとんどだと思います。

 

私も女性ですが家事なんてやらなくていいのなら1ミリもやりたくありません。

 

でもやらないと生活は回っていかないですよね。

洗濯物もたまるし、ご飯だってバランスのいい食事ができなくなる。

 

つまり家事というのは女性の仕事なのではなくて、やらなくてはいけないことなのです。

 

だとしたら、それを女性に押し付けるのはおかしいですよね。

 

昔は確かに男性が外で働いて、家族を養う分の給料をもらってきていました。

その代わりに女性が家事をする、というのが通例だったのでしょう。

 

しかし共働きの場合はお互いに収入があるわけですから、夫婦は対等に生きることができるようになっているはずです。

 

共働きの場合は結婚する意味も経済的な理由ではないでしょう。

 

それでもあえて結婚をして一緒にいるのであれば、そこで発生する家事もお互いシェアするのが当たり前だと思います。

 

そしてそれぞれに得手不得手があるでしょうから、補いあって家事も分担するべきなんじゃないのかなと思うんですね。

 

さらに、その日のコンディションもあると思います。

女性の場合は特に生理もありますし、今日は疲れたから何もできない、という日は誰にでもあると思うんですね。

 

そういった日も助け合うことが大切です。

関連記事:理想的な夫婦になろうとするから離婚するのです。

 

共働きによるメリット

 

共働きによるメリットはたくさんありますよね。

 

まず最大のリスクヘッジになると思います。

今のご時世、会社が突然倒産するだとか、リストラにあうということは珍しいことではなくなってきました。

 

私もいくつも周りの会社が倒産するのを見てきました。

 

ただそういう場合は必ずしも会社を辞めた直後のお金が保障されるわけではなく、保険などに頼ることが多いです。

 

しかしそういった場合は給料は全額は保障されません。

 

もし共働きではなく家計を支えるのが一人だった場合、突然収入が激減してしまうのです。

さらにそんな状況で転職活動をすることになったらプレッシャーのあまり自分が行きたくない会社でもすぐに決めてしまうかもしれません。

 

入社したらブラック企業だった、なんてこともあるでしょう。

 

しかし共働きだった場合はそういったリスクは回避することができます。

 

世帯収入の分散ですね。

一人が仕事を失っても一人は働き続けることができますからもう少し余裕をもって転職活動をすることができるでしょう。

 

また、一人で働くよりも二人で働く方がプレッシャーも軽くなるでしょうし、収入も増えます。

 

一人一人がたくさん稼ぐ必要もありません。

 

そう考えると共働きはとても理にかなっていて素晴らしい夫婦のあり方だと思うのです。

 

だからこそ、そこでツケが回ってくる家事についてもしっかり夫婦それぞれが向き合って行かなくてはいけないですよね。

関連記事:家事をしない妻は本当に悪いのか?

 

家事をやらないという選択肢

 

疲れたから家事をやらない。

それは決して悪いことではなく、人間だったら当たり前の感情だと思います。

 

そういった時にやるべきことは、家事をしなくても済む代替案を探すことです。

 

例えば家事をしなくてもいいように家事をCaSy などの家事代行サービスに外注してしまう。

もしくは近場のホテルなどに泊まったり外食をするなどして家事をやらなくて済む日を作ってしまう。

 

共働きの分収入も一人で稼ぐよりは多くなるでしょうから、

その分を家事をやらない選択肢に使う、というのがうまく共働きでも家事を回していくためには大切なのではないでしょうか。

関連記事:家事をやりたくないという感情は実は普通の事。

 

頑張りすぎない

 

結婚するにも子供を育てるにも

一番大切なことは頑張りすぎないことです。

 

多くの女性が家事は自分がやならなきゃいけないもの、というような強迫観念にストレスを感じています。

 

でも家事は別に女性がやるものじゃない、という意識を持って

やりたくない日はやらなくてもいい、と思うことができればもっと気楽に家事と向き合えると思うんですね。

 

疲れたからやりたくないと思う日があるのは当たり前です。悪いことではないのです。

関連記事:結婚することはリスクなのか?

 

 

では今日はこのあたりで。

共働きなのに家事をしなくてはいけなくて疲れた