ブロガー「水瀬まりも」とは?
仕事

友達と起業すると失敗する理由。

友達と起業したいと思っている人って実はたくさんいると思うんですよね。友達と事業プランについて話し合って、

 

そこから、新しい会社を作って会社から独立しようとしている人っていると思うんですよね。学生起業でも、そういった人たちって多いと思うんですよね。

 

実際、私も友達と起業をしようとしていた時期があるのでわかるのですが、友達と起業する事って失敗する可能性が高い場合もあるんですよね。

 

今回はそんな事について書いていきたいと思います。

 

 

友達でも給料は払う必要がある

 

 

これは思う事なんですよね。友達と起業をするとなっても、結局はどちらかが代表取締役になる事が多いと思うのですが、

 

そうなってくると、どちらかには「雇われている」という認識が生まれてきてしまうと思うんですよね。

しかし、その一方で社長になって側からすると、「友達と起業するんだから、決まった給料を出すのは嫌だ」と思ってしまう人もいるんですよね。

 

友達と起業をする事になっても、「お金はもらわないと生活が出来ない」という場合も実際にはあるんですよね。

 

そうなってくると、それが原因でトラブルになってしまう事もあるんですよね。お金が欲しい友達と会社を大きくするまではどうにかして頑張っていきたいと思う社長

 

という感じになってきてしまうと、ビジネス的にはうまくいかない事の方が多いんですよね。

 

友達と起業する場合でも、友達にはきちんとした給料を払わなくてはいけない事が多いわけです。そんな時、

 

「俺だってお金がないのに、どうしろっていうんだよ。」という感じになってしまうと、さらにそこから関係性が悪化してしまうんですよね。

 

友達と起業するという事はある意味では良い事なのですが、それでも友達と起業するとそれが原因で失敗してしまう事もあるんですよね。

 

ここは結構気をつける必要がある部分だと思うのです。

関連記事:社内起業家って何か違うような気がする。

 

 

やりたい事が違う場合もある

 

これはあると思うんですよね。友達と起業をする時って何を大切にしているのか?というと、友達の人間性なんですよね。

 

もちろん、これは大切な事なのですが、人間性だけではなくビジネスの場合にはビジョンを共有している必要性があるんですよね。

 

「将来的にどうしていきたいのか?」という事が一致していないと、結局は失敗してしまう事が多いのです。

 

人間性で人を選ぶ場合、最初は良いと思うんですよね。ただ、だんだんと価値観が違う事が原因でトラブルになってしまう事も多く、

 

私の友人とかでも、そういった原因で起業すらする事が出来なくなってしまったのです。友達と起業をするという時には、

 

まずはどんなビジネスプランなのか?どんなビジョンを持って会社を経営していくのか?という事を真剣に考える必要があるのです。

関連記事:起業して成功している人の特徴

 

 

収益が分散される

 

 

これもあると思うんですよね。友達と起業をするという事になると、友達にも「俺は起業家だ」という認識が生まれてしまうわけなんですよね。

 

これは良い面もあるのですが、金銭的な点では問題もあって、「儲かった時には収益を半分にしたい」と思われてしまうわけなんですよね。

 

そうなってくると、会社の利益としては100万円程度あっても、友達と半分にしなければいけない事も多く、

 

結果的に稼いでも稼いでも、お金が残らない状態になってしまう事だってあるんですよね。バンドがなぜ儲からないのか?という事を考えるとわかりやすいのですが、

 

バンドって最低でも3人は必要になってきてしまいますよね。そうなってくると、収益を3人で均等に割る必要があるのです。

 

90万円の利益があっても、バンドを3人でやっていれば、1人当たり30万円になってしまうわけなんですよね。

 

これだと、いつまで経っても大きく儲ける事って出来ないわけなんですよね。友達と起業するという事はこれと同じで、

 

起業家もどきが何人もいるような状態になってしまうという事なのです。お金を儲ける事が目的ではないという人もいるかと思いますが、

会社組織でやっていく以上はそこが大切になってきてしまうんですよね。

 

だからこそ、友達と起業をすると会社のお金をうまく使う事が出来ずに失敗してしまう事が多いのです。

関連記事:起業って大学生には無理なの?そんな事ないと思う。

 

 

やっぱり友達と起業は危険なのかもね

 

 

今は友達と起業する事も簡単になってきているんですよね。freee とかを使えば、経理作業とかは自動化する事が出来ますし、

 

登記費用だってそこまで高いものではないわけなんですよね。しかしながら、友達と起業するという事を考える時には、

 

失敗する可能性が高いという事も頭にいれておかなければいけないと思うのです。

 

友達と起業する事には基本的には反対ではありません。私だってできれば「友達と起業したい」という気持ちを持っています。

昔からの仲間たちと一緒に仕事をする事ができれば、こんなに嬉しい事はないですよね。パラダイスです。

 

でも、友達と起業すると、失敗してしまうのもまた事実だったりするのです。ビジネスの世界は時に厳しかったりするのです。

 

頑張った成功するわけじゃない。馴れ合ったから成功するわけじゃない。

 

友達と起業する時には気をつけようね。

関連記事:ブラック企業に転職するのはあまりに非効率だと思う。

関連記事だよ