うつ病になりやすい人の特徴とは?ストレスを減らして生きよう。

自殺率が高い国でも有名になってしまった日本ですが、

仕事や学校のストレスからうつ病になってしまう人がとても多いです。

 

さらにうつ病の症状がでているのにもかかわらず、自分がうつ病だと気づいていない人も多いんです。

 

これは日本人的な性格がもたらす影響も大きいのではないかと思います。

 

私の周りにもうつ病になってしまった友人が何人もいますが、

実はうつ病になる人には共通した性格的特徴があるんですね。

 

今回はうつ病になりやるい人の特徴についてお話してみたいと思います。

 

真面目

 

うつ病になりやすい人はとにかく真面目です。

真面目な人ほどストレスを抱えやすく、うつ病になりやすいんです。

 

真面目な人は自分の中に「こうしなきゃいけない」という決まりごとを作ってしまうことが多いんですね。

 

例えば仕事で、8時から就業時間の会社で働いていて、

いつも7時30分までには会社に着くことを目標としている人。

真面目ですね。

 

そういう人は、何かしらの理由があって通勤時間が遅れてしまい、会社に着くのが7時30分を過ぎてしまった時、とてつもないストレスを感じてしまうのです。

もちろんこれが就業時間すらも過ぎてしまった、なんてことになったらもうとんでもないストレスです。

 

多くの真面目な人は、一般的なルールではなく、自分が作った「守らなくても咎められることのないルール」に苦しめられがちです。

 

人の毎日というのは型にはめられるものではありません。

 

なので自分ルールが多い人はうつ病になりやすい人ですから、そのルールを作ることをやめてみましょう。

 

毎日はもっと臨機応変に過ごすべきものなのです。

関連記事:うつ病を自覚できていないのが危険

 

責任感が強い

 

うつ病になりやすい人は責任感が強い人です。

 

仕事でストレスを感じてうつ病のような症状がでている友人も、「早く仕事を辞めた方がいいよ」と周りから散々諭されているのに

「自分が辞めたらお客さんや会社の人に迷惑がかかるから」と言っていました。

 

でも会社組織というのはある程度人材に代わりがききます。

 

一人の社員が会社を辞めたからといって潰れるような会社ならば、それはそもそも潰れる運命にあった会社なのでしょうし、

お客さんだって一人の会社員が辞めたからといってその会社との取引を辞める、なんてことはなかなかないと思います。

 

そんなことよりも、ずっと仕事を続けることができなくなってしまう体になってしまうかもしれない自分のことを大切にするべきなんですよ。

 

ストレスを抱え続けながら、うつ病の症状に気づかないでそのまま過ごしてしまうと、そのまま統合失調症という精神病にかかってしまうこともありえます。

 

そうなってきたら一人で生活するのだって難しくなってしまうんですよ。

関連記事:仕事に行きたくないというのは甘えなのか

 

自意識過剰

 

うつ病になりやすい人は自意識過剰な人が多いです。

 

これは自信家、という意味ではなく、他人の目が気になりすぎてしまう、という意味です。

 

誰かに悪口を言われているような気がする、職場で嫌われているような気がする、

そんな風に不安な気持ちが膨らんでしまう人がうつ病になりやすい人なんですね。

 

最終的には街を歩くのも困難になります。

 

近くを歩いている他人でさえ、自分のことを見ているような気がして、何か悪口を言われている気がして、

外出するのも怖くなってしまうんです。

 

自分が思うほど他人は自分のことを気にしていないものです。

 

周りの目を気にして自分の動きが制限されてしまうなんてもったいないことなんですよ。

関連記事:嫌われる事が怖いなんて馬鹿げている。

 

感情表出が少ない

 

うつ病になりやすい人は感情を表に出すことも苦手な人が多いです。

 

たくさん笑ってたくさん泣いていますでしょうか。

それを見せられる人が近くにいるでしょうか。

 

自分の感情を表現する、というのはある種のストレス発散なのです。

 

また、無気力であまり感情がわかない、というのはうつ病の初期症状でもあります。

そのような症状がある場合は、まずは一度病院に行った方が良いでしょう。

 

うつ病は放っておけば治る、というものではありません。

放っておいたら多くの場合が症状が悪化して悪くっていきます。

 

自分は大丈夫、まだ頑張れる、と思っている人が特に危険です。

関連記事:無気力の原因を考えるくらいなら仕事を辞めた方が良い

 

夜型の生活をしている

 

夜型の生活をしていてあまり日光を浴びることができていないと、幸せホルモンである「セロトニン」の分泌が少なくなってしまい、

精神が不安定になりやすくなります。

 

実際日中の仕事をしている人に比べて夜の仕事をしている人の方が、うつ病になりやすい、という統計もあるそうです。

 

なるべく日光に当たることを意識して、

生活習慣を整えるようにしましょう。

 

仕事的にそういった生活が無理だ、という人は仕事の環境から変えることを検討してみてもいいと思います。

関連記事:転職が初めてという人がするべき事とは?

 

人間はダメな生き物

 

うつ病になりやすい人の特徴についてお話してみましたがいかがだったでしょうか?

 

ストレスをためやすい体質の人は自分で自分のことを律してしまうタイプの人です。

でも人間はそんなに清く正しく生きられるものではありません。

 

失敗もあれば悪いことをしてしまうこともあり

それが普通なのです。

 

あまり完璧になろうとしすぎないことが大切です。

関連記事:完璧になりたい、なんて不可能

 

 

では今日はこのあたりで。

うつ病になりやすい人、ストレスの向き合い方