ブロガー「水瀬まりも」とは?
仕事

仕事で早く帰りたいのに帰れない理由。

仕事って仕事が好きな人は遅くまで残っていたいと思う場合もあるのですが、そうじゃない人にとっては、

 

仕事を早く帰りたいと思う時だってあるんですよね。仕事を早く終わらせて自分の時間を多く取りたいという人っているんですよね。

 

しかしながら、仕事で早く帰りたいと思っていても、出来ない事だってあるんですよね。

 

では、なぜ仕事で早く帰りたいにも関わらず、出来ないのでしょうか?今回はそんな理由について書いていきたいと思います。

 

 

上司からの目線が怖い

 

これはありますよね。

 

仕事で早く帰りたいと思っていても、実際には帰る事が出来ない理由として上司の目線が気になる事ってあるんですよね。

 

未だに「上司よりも早く帰る事は良くない」と考える人もいるわけなんですよね。上司が仕事をしているにも関わらず、

 

部下が早く帰るのはおかしいと思っている人って実際にいるわけなんですよ。しかしながら、これっておかしいと思うんですよね。

 

確かに、そういった全時代的な上司だっていると思いますし、気まずくなってしまう人もいると思うのですが、

 

仕事で早く帰りたいと思うのであれば、別に良いと思うんですよね。上司の目線なんて気にせずに自分の仕事が終われば、

帰ってしまえば良いのです。仕事の時間が全てではありませんし、

 

プライベートの時間だって増えますよね。仕事を生活のためにしているのであれば、上司の目線を気にして、

仕事を早く帰れないという状態を我慢する事は、ただただ自分の時間を削っているだけなんですよね。ストレスだって早く帰っている人よりも、

溜まってきてしまうわけなんですよね。

 

だからこそ、上司の目線が怖くて、仕事で早く帰れないという状態は我慢しない方が良いんですよね。我慢していると、

 

だんだんとストレスが溜まってきて、長期的にその会社で働く事だって出来なくなってしまうわけなんですよね。

 

無理をして良い事なんて何もないのです。その時には上司に気に入られるかもしれませんが、そういった状態の中で、

 

働く事って辛いんですよね。無理をしない事が一番なのです。

関連記事:飲み会で説教をする上司の心理

 

 

業務量が多すぎる

 

 

これは言える事だと思うんですよね。

 

新人の時には特にこういう事って多いんですよね。若い時には苦労させる事を会社が推奨している場合には、

「1日じゃとてもこなせないような業務を渡してくる事」があるんですよね。これって辛い事だと思いますが、

 

実際にあるのです。そうなってくると、仕事で早く帰りたいと思っていても、「ここで今日の仕事は終わり」という区切りをつける事って出来ないわけなんですよね。

 

だからこそ、帰りにくいという側面もあるんですよね。仕事で早く帰れないという状態って、長く続いてしまうと辛いものですし、

 

 

業務量が多すぎるからこそ、仕事で早く帰れないという場合には、どうしても納得感や達成感を得て、仕事をする事が出来ないんですよね。

 

 

そうなってきてしまうと、通常の業務形態では感じる事のないストレスを感じたりとか、現在の仕事に対する納得感、自分に対する自信というものがなくなってきてしまうと思うんですよね。

 

 

仕事で早く帰りたいと思っているにも関わらず、帰れないという事には時間的な束縛という側面以外にも様々な弊害があると思っているのです。

関連記事:優しい上司の下で良い部下は育つ

 

 

残業をしないと給料が少ない

 

 

これもあるんですよね。

 

残業代を稼ぐために仕事で早く帰りたいと思っていても、残業をするしかなくなってしまっている場合には、早く帰りたいと思っていても、

 

実際には、それでは生活費を稼ぐ事が出来ないために、結局は仕事で早く帰れないという状況になってしまうわけなんですよね。

 

これって問題だと思うんですよね。

 

生活費の計算に、残業を前提としている人もいると思うんですよね。「今月はこれくらい残業すれば、このくらい稼げる」と思っている人もいると思うんですよね。

しかし、本当は仕事で早く帰りたいと思っていても、そうやって残業をしていると、自分の能力って一切上がらないわけなんですよね。

 

また、そうやって残業代を稼ぐ事が当たり前になってくると、

 

 

そもそも「給料が低いのではないか?」という事に対して疑問を持たなくなってしまうと思うんですよね。

だからこそ、仕事で早く帰りたいのであれば、さっさと帰ってしまった方が良いんですよね。残業代を稼ぐ必要性があるのであれば、

 

MIIDAS(ミーダス) とかを使って、転職後の想定年収だって算出する事が出来ますし、リクナビネクストのグッドポイント診断を使えば、

 

自分の性格を診断し、本当に合っている仕事を探す事だって出来るわけなんですよね。

 

だからこそ、仕事で早く帰りたいという事であれば、我慢する必要性なんてありませんし、転職だってしてみても良いと思うんですよね。

 

結局は、自分次第であり、きちんと決めなければいけないわけなのです。

関連記事:仕事での強みと適職を「グッドポイント診断」で研究してみた。

関連記事だよ