ブロガー「水瀬まりも」とは?
お金の話

ビットコインが使える店が増えればより普及していくと思う。

ビットコインが最近は加熱していますよね。2009年くらいでしたよね?ビットコインが始まった時くらいにビットコインを買っていた人は、

 

今は億万長者になっていると思うんですよね。そういったサクセスストーリをテレビで見て、購入を検討しているという人も多いわけなんですよね。

 

 

また、最近はビットコインが使える店というものも出てきているんですよね。具体的には書きませんが、東京都内でも、

 

予想よりも多くの店がビットコインを使える店になっていたわけなんですよね。そして、これからはビットコインが使える店が増える事により、

 

普及していくと思うのです。

 

 

従来な硬貨は面倒

 

 

これは言える事だと思うんですよね。今現在皆さんは日本円を持っていると思いますが、どうしていますか?

 

硬貨は財布ポケットに、紙幣はその横に入れていると思うんですよね。もちろん、これまではそれが普通の事でしたらから、

 

「違和感」というものを感じる人だってそこまで多くはなかったと思うんですよね。しかしながら、こういった従来型の貨幣って実はとても面倒なんですよ。

 

まず、硬貨って実は物凄く重いわけなんですよね。小銭が溜まって行ってしまったりすると、財布の重さもどんどん上昇していき、

 

重たいものを持っているのと同じような状態になってしまうのです。

 

また、貨幣を持っていると、無くしてしまうリスクだってあるわけなんですよね。あれ?お札がどこかに行ってしまった。となれば、

 

そのお札には、パスワードもありませんし、名前だってありませんからね。無くしてしまったらそれまでなんですよね。

 

 

しかし、これだってビットコインが使えるお店が増える事によって、解消されると思うんですよね。通貨とは便利に使う事が出来れば出来るほど、

 

重宝されるわけなんですよね。極端な話、海賊行為をする海賊が身代金を要求する時だって、「ドル」を要求する事が多いわけなんですよね。

 

それだけ、多くの国で信頼ある通貨としての役割を持っているからこそという事なんですよね。だからこそ、ビットコインを使えるお店がどんどん増えてきて、

 

 

家電も、本も飲食物も全て、ビットコインで買う事が出来るようになれば、変わってくると思うんですよね。

 

従来型のものが使い勝手が悪い以上、ビットコインを使える店が増えてくるにつれて、だんだんと仮想通貨に移行してくると思うんですよね。

関連記事:ビットコインを使うメリットを徹底解説!

 

 

これからも続いていく食という行為

 

 

これからは様々なものがなくなっていくと思うんですよね。人口知能により仕事という概念がなくなってくれば、転職市場だってなくなってきますよね。

 

また、掃除というものだってこれからはロボットの時代がきたらなくなってくるものかもしれません。しかし、

 

食事というものはこれからも続いていくと思うんですよね。美味しいものがあれば食べに行くだろうし、海外ではよくある事ですが、

 

基本的には食事は外食で済ませるという事が多くなってくるかもしれないわけなんですよね。そんな時代になってくると、

 

ビットコインを使える店がある事によって、使う人が増えますし、今後も外食文化というものがなくなっていかないのであれば、

 

ビットコインが使える店の発展と共に、ビットコインの信頼性だって上がってくると思うんですよね。仮想通貨にしても、通貨にしても大切なのは、

 

様々な人が使っているという事実と信用です。だからこそ、ビットコインが使える店が広がって行く過程でビットコインの普及も加速していくと思うんですよね。

関連記事:資産形成は分散投資の時代へ。

 

 

ビットコインは投機的な側面が強い

 

 

今は、まだアメリカではビットコインが使える店がありますが、日本だとそこまで多くないわけなんですよね。

 

どちらかというと、ビットコインが使える店というものをまだ求めていないような速目があると思うのです。

 

投機的な側面が強いという事なんですよね。投機的な傾向が強いという事は、ビットコインを資産として見ているわけなんですよね。

 

しかし、こういった投機的な資金の流入がずっと続くという事はないわけでして、どこかでバブルが弾けてしまう事が予想されるのです。

 

中国の銀行講座が凍結された事からビットコインの値が大きく下がりましたよね?そういった事からもまだまだビットコインというものは「完全に安全な資産」とは言えないのです。

 

ただ、ビットコインが使える店が増えてきたりとか、より世間的な認知度が上がってくる事によって、日常的に使う人が増えてくれば、

 

話は違うわけなんですよね。これから日本はオリンピックを迎えるようになります。だからこそ、その時までには、

 

仮想通貨というものがより一般的になっているのではないか?と思っています。そんな時に、銀行はどうなっているのか?

ATMはどうなっているのか?そんな事を考えると面白いですよね。

 

という事で、今回はビットコインが使える店が増える事について書いてみました。

関連記事:資産運用で不動産を買うメリット・デメリット

関連記事だよ